2020年07月07日

社長の雑記帳


posted by あうる at 19:01| Comment(0) | 来し方行く末

コロナ禍そして災害。

 4年前に地震でとてつもない被害を受けた熊本。今回は大雨による球磨川の氾濫で49名もの多くの犠牲者が出ている。特別養護老人ホーム「千寿園」(熊本県球磨村)で被災し、心肺停止で見つかっていた14人のご高齢の方の死亡も確認された。なんとも痛ましい。合掌―。 
 避難所に集まっている方々の健康状態が心配だ。日本で起きている災害の多くは、過去最悪の災害だったり、数十年振りの災害等々、いづれにしても豪雨災害のほとんどが、近年経験したことのないほど大きな被害をもたらしている。
 地方のコロナ感染がようやく落ち着き始めた矢先に、大災害が追い打ちをかける。同じ日本人として何もしてあげられないのが、もどかしくてならない。
 本来であれば、梅雨明けが始まっも不思議ない時期なのに、同じ地域に長い間、梅雨前線が停滞している。世界中で起きている異常気候は、その原因をたどれば、やはり環境汚染改善に二の足を踏んでいる先進国の責任が大きいと思わざるを得ない。高齢者の多い日本は、コロナ禍も災害も弱者であるお年寄りに襲いかかる。頑張れ!九州!

IMG_9955_R.JPG

地震の2週間前に訪れた時に撮った熊本城の写真です。
posted by あうる at 19:00| Comment(0) | 事件