2020年05月28日

コロナの第2波!?

 北九州市、東京、海外では韓国とコロナ感染の第2波が懸念されている。早々と「緊急事態宣言」を敢行した北海道は、他の都府県に比べ解除が早かったが、恐れていた第2波に見舞われ、再度自粛をせざるを得なくなった。この教訓を忘れてはいけない。
 25日に全国的に「緊急事態宣言」が解除されて、3日ほど経過したが、どうやら各地に潜んでいるウイルスが感染の機会を窺がっている。第2波襲来という累卵の危うき状態にあるのが、今の日本かもしれない。新型コロナウイルスとやらは、100年前のスペイン風邪と同じように、断続的に感染の波が2〜3年間押し寄せるという。
 経済の停滞は止められない。がしかし、生命を脅かす感染拡大は防がなければならない。所謂、トレードオフの関係だ。誰しもそう思っている。今後、第2波の予兆を感じつつ、医療や経済専門家のデータ等々に拠る助言・見解を、政府・首長はどう判断してゆくのか・・・・。「ハムレット」の有名な一節に、「to be,or not to be」(生きるべきか死ぬべきか、それが問題だ)というセリフがある。ここ暫く、リーダーは悩ましい判断を迫られる。
 いずれにしても我々ひとり一人が細心の注意をして、予防を心掛けるしかない。やはり長い巣籠は辛い。衛生上の制約はあるが、心のゆとり(寛容さ)を保ち、経済の回復に力を入れて行きたいと思うのは、私だけではないだろうと思う。
posted by あうる at 22:11| Comment(0) | 健康