2019年06月16日

HOPPAの総会をおえて。

 先週、HOPPA(一般社団法人北海道デジタル出版推進協会)の7期目の総会を終え、その後の懇親会は若き出版人の皆さんに参加していただき、活気のある会合となった。
 出版業界は年々厳しいマーケットを強いられているが、反面、出版社、書店、図書館、電子書籍図書館関係者、出版プロデューサー、ライター等々、ジャンルを超えて、文字・活字に関わる方々の横の連携は、ここ数年かなり強固なものとなっているような気がする。
 年々減少している書店数やそれに伴う売り上げ部数の減少、ネット書店の台頭等々により、いい意味で若い出版関係者の中で出版文化崩壊への危機感が共有されてきたのかもしれないと思っている。
 どんなビジネスでも何も手を打たなければ、存在することは難しい。業界関係者が協力し合い知恵を出し合えば、新しいアイディアも生まれ、やがて読者の話題に上り、業界の活気につながって行くと思う。版元が著者とともに良質のコンテンツを生み出し、あらゆる方法を駆使して情報を発信することが大切だと思う。
 21世紀に入り、雑誌(週刊誌・月刊誌・コミックス)等の発行部数が驚異的に減少し、出版業界のビジネスのしくみは、大きく変わり始めたのは周知の事実である。大手印刷会社を取り巻く大量生産の時代の印刷城下町は、20世紀末期のデジタル化の推進とともに過去のものとなってしまった。
 これからの出版業界の新たなビジネスモデルは決して楽観視できないが、黒船来航とまで言われた電子書籍との相乗効果もあいまって、「紙媒体としての出版物の未来は決して暗くない。」と私自身はそう思っている。

 
 
posted by あうる at 20:18| Comment(0) | 印刷・出版