2019年06月29日

気になるふたつの判決

 このところ気になる判決が続いている。一つは「大崎事件」の再審取り消し。事件から40年経過しているので、私の記憶の中からすっかり消えていた。当時は関係したと思われる4人の方々に、それぞれの懲役刑の判決が出た。
 刑期満了後、第一次再審請求。その後、決定、棄却が繰り返され、ようやく3次再審請求が17年に地裁が決定。最高裁宮崎支部も再審開始決定。にもかかわらず、つい最近の報道(6月25日)では最高裁が再審開始決定の取り消し、請求を棄却した。法医学鑑定と心理鑑定がそろい地裁も高裁支部も再審開始を認めていただけに、残念でならない。ご家族の心境は察するに余りある。司法関係者の論議を呼びそうだ。
 もう一つは、ハンセン病家患者の隔離政策による家族への差別被害。熊本地裁は原告541人について損害賠償の責任を認めた。96年にらい予防法が廃止され他後も、正しい知識を普及して偏見を拭い去る義務を怠ったとの判断だとのこと。今後、国の判断と対応が注目される。
 二つ判決から、当事者の方々はもとより、家族が受ける「差別や偏見」は想像を絶するものがある。最近ではSNS等によるフェイクニュースで「差別、偏見等々」は度を越している。救いは、情報の選択肢が多数あり、真実であるかの判断は受け取り手に委ねられることだ。所謂、オルタナティブ・ファクト(もう一つの真実=うそ)を見抜く見識が個々に要求されるわけだ。
 40年の時を経て思うに、ある意味で70年代までのアナログ時代は、今ほどの情報は氾濫しておらず、媒体の伝達力も弱く、一方通行による情報の固定化や選択肢としての判断材料が乏しい時代であったかもしれない。さて、令和の時代はどんな時代に・・・・。

posted by あうる at 12:37| Comment(0) | ニュース

2019年06月25日

また老舗書店が・・・。

 6月21日、「なにわ書房」が自己破産申請をしました。創業が1950年というから70年近くなる老舗書店である。5月の「喜久屋書店BOOK JAM K&S」(千歳市)続き、2ヵ月で2件の書店が消えてしまいました。ほんとうに残念でならない。全国では、昨年1年間で1000店の書店が減少している。
 「なにわ書房」は唯一札幌の老舗書店の最期の牙城を守り続けてきた書店である。最近では、アテネ書房、久住書店等々、市内の老舗と言われる書店が姿を消している。かつて私が学生だった昭和30年〜40年代は、今のパルコの位置に「冨貴堂」という巨大な書店がありました。
 今思えば、知的・文化的複合店と言っても過言ではないと思います。その他に大丸藤井の向かいには洋書の専門店の誉れが高かった「丸善」がありました。
 1964年の東京オリンピックの少し前から高度成長期の波に乗り、あらゆるものが右肩上がりで成長してきた昭和という時代。その付けは、すべて持ち越された平成の30年間だったような気がします。少子・高齢化が加速度的に進み、加えてデジタル化の大躍進等々、昭和の消費革命の代表格だったダイエイ、ヤオハン、西武デパート、、西友ストア等々、多くのデパート群や、証券会社、銀行等々は、1992年(平成4年)から始まったバブル崩壊でМ&Aや倒産で跡形もなくなった。
 世界恐慌、地震、災害等や大事件に繰り返し襲われた平成。はたして令和の新時代に穏やかな日々が訪れるのか・・・・。はなはだ不安な幕開けではあるが、希望が羽ばたく令和になってもらいたいと心から思っている。
 
 
posted by あうる at 15:03| Comment(0) | 印刷・出版

2019年06月24日

北海道久成会6月例会。

 昨日の北海道久成会(村橋久成を顕彰する会。村橋久成は薩摩出身で、サッポロビールの創業者であり、北海道の産業の礎を作ったと言われている。)の例会が開催されました。
 今回の講話は、(株)シービーツアーズの戎谷社長の様々ななツアーに関するお話し。ツアーに至るまでのアイディアと綿密な企画、そして氏の無尽蔵の人脈を生かした取り組みには頭が下がりました。
 スクリーンに映し出された旅先の見どころ、縄文遺跡を巡るツアーでは様々なエピソードを戎谷社長らしくユーモアを交えてお話しいただきました。盛りだくさんの講話の余韻も冷めやらぬまま、残念ながら時間となり終了してしまいました。
 その後は、サッポロビールで乾杯!おいしいジンギスカンをほどほどに食べ、ビールはしこたま飲み楽しませていただきました。


64758698_2243764709046747_6418256688846995456_n[1].jpg  65116307_2243764915713393_4253231093035040768_n[1].jpg
posted by あうる at 16:56| Comment(0) | 歴史