2018年04月12日

どんな老後がいいのか!?

 「どんな老後がいいのか・・・・。」人それぞれであるが、個人的には年代によってもかなり変化してきているようだ。40代後半のころ、会社を経営していた友人たちの多くは、60歳で仕事を辞め、海外に移住すると言っていたものもいれば、趣味三昧で老後を楽しむ、晴耕雨読でのんびり過ごす等々、還暦以降も働き続けるというものは、私の周辺で意外とは少なかったのだが・・・・。
 その後20年経ち、どうなったかというと、友人たちのほとんどはいまだに仕事に関わっている。1990年代はバブル崩壊(1991年)後も依然として地方では右肩上がりの余韻が続く。そして21世紀はデフレ不況の幕開けとなった。一気にあらゆる市場が縮小し始めた。
 最近、ようやく後継者が育ちはじめ、仕事を退き始めたものもいるが、統計によると道内企業の74%は後継者がいないとのことである。「老後を楽しむ。」という熟年の定番だったキャッチ・フレーズは何処へ行ってしまったのか・・・・。年金支給の先延ばしや厚生年金基金の崩壊等々、特に団塊の世代の高齢化の伴う就労・引退は生産年齢人口に大きな影響を与え始めたのだろう。
 さて、我々団塊は「どんな老後を送るべきなのか・・・・」。ここ数年の生産年齢人口の急激な減少は、働き方の問題、定年延長、年金需給の先送り等々にとどまらず、AIや自動運転等の分野にも急成長をもたらしている。とは言え、やはりこの国は老若男女総動員で働かなければ、豊かで、ゆとりある生活は、成り立たないのだろうか・・・・。
posted by あうる at 17:07| Comment(0) | 事件