2018年04月03日

ようこそ、中西印刷へ――。

 弊社の新年度は、4月初めの全体朝礼に始まる。今年は数名の新人に入社していただき、社内の入社式の後、中小企業家同友会の「合同入社式」に参加させていただいた。我々のような中小企業の場合、この時期になると必ず報道される「大手企業の入社式」のように盛大な儀式というわけにいかない。が、ありがたいことに、異業種の新入社員が一堂に会する合同入社式は、社としても新人社員にとっても有意義な機会だと思っている。正直、弊社の新入社員が参加できて嬉しい。
 我が身を振り返ると、三十路を過ぎるまで、不思議なことに「めでたい儀式」には全く縁がなかった。小学校の入学式や卒業式に始まり、その後20代まで多くの方々が一度は経験する自らの祝いの儀式に、職業柄、両親共にほとんど関わことが難しかった。かと言って私自身決して不幸だとか、運が悪いとは思っていない。むしろそのことが私のエネルギーになってきたような気もする。
 様々な視点はあるが、多様な時代であるからこそ、「祝いの儀式」等々に出席することは重要なことだと思う。最近は形式に拘らず、今はやりのICTの場として、新入社員と経営陣との距離を縮める手法を取る企業も少なくない。少子化による人手不足を解消する窮余の一策なのかもしれない。
 新卒・中途採用に限らず、弊社へ入社ししていただいた方には、社としては常に寛容ありたいと思う。平たく言えば「部署の枠組みを超え、社員全員で育てる。」をモットーとしたい。とは言え、いつの時代も人が育つ環境をつくることは、難しい。
 新入社員の皆さん!ようこそ、中西印刷へ――。弊社の社員と一緒に成長しましませんか・・・・。
posted by あうる at 09:18| Comment(0) | 出会い