2018年03月31日

明日から新年度――。

 全国的に暖かい日が続いており、桜前線は猛スピードで北上している。どうやらこの調子でいくと、4月下旬には札幌でも開花宣言が出るかもしれない。今年の札幌周辺は雪も少なく、その分、冷え込みがきつい日が多かったような気がする。
 さて年度末の3月も今日で終わる。かつて年度末と言えば、あらゆる分野の繁忙期であり、反面、閑散期は所謂、二八(にっぱち)つまり、2月・8月と相場が決まっていた。今でもデパートの衣類販売に関しては、2月・8月の売上は振るわないようだ。
 デジタル化が加速した’90年代後半ころから、ネット販売やカタログ販売よる個人消費が進み、クレジット決済をする消費者が増え始めた。
 今ではスマホによる電子決済が当たり前のようになっている。それでも先進国と呼ばれる成熟社会では、個人消費に大きな伸びはない。
 振り返れば日本のGDPの成長率は、’68年の13%をピークに’72年の8%、その後は下り坂を転げ落ちるように落ち続け、現在は1%ほどである。消費の縮小だ。
 印刷・出版業とデパートの売上推移は奇しくも同じ道をたどっているようだ。双方とも大量生産・大量消費の申し子だったのである。新製品が出ると売れ、更に販促の主役だった印刷物が増産された。
 年度末はかき入れ時だった、そんな過去を懐かしんでも始まらない。明日から新年度の4月が始まるのだ。かつてのように販促の主役にはなれないかもしれないが、きらりと光る脇役として、より存在感のある業界にならなくてはね!
posted by あうる at 17:39| Comment(0) | 印刷・出版

2018年03月22日

不思議な未来社会(?)

 ユーチューバーのヒカキンといえば、40歳以下の方で知らない人はいないと思うが、先日、私は初めてその人物を含めて、ユーチューバー(プロのユーチューブ製作者)やプロゲーマー(格闘ゲームで賞金を稼ぐ人)とやらの生活の一部をテレビ番組で垣間見た。どうやら東大卒の方もおられるようだ。今や子供たちの将来就きたい職業の1位と2位であるそうだ。まったくもって驚きだ。
 子供のころから好きで日々楽しんでいることが職業として成り立つのだから、趣味や遊びの延長上に収入があり、生活できるのであれば、将来仕事としたいと思う子供が出てくるのは、当然と言えは当然である。芸人を目指す若者たちや、サッカーや野球のプロ選手になりたいと思う子供たちと、新種の職業というだけで何ら変わりないのだろうと思う。勿論、どの道を選ぶにせよ、成功するには才能や特別の努力が必要だとは思うが・・・・。
 いずれにしても、21世紀に入り、職業的には多様な選択肢が広がり、個々の生き方も様々だ。男女の役割や仕事の形態等々、最近、話題になっている<ライフワークバランス>という言葉の真意とその実体を含め、我々中小・零細企業の立場で、今一度、考えてみる必要はある。
 所謂「蓼食う虫も好き好き」という諺は、英語では「There is no accounting for tastes.」と言い、「人の好みは説明がつかない。」という意味だ。ブランド志向の人、全く関心がない人、車やゴルフ、本に関心ある人、ない人、結婚やマイホームを望まない人等々、個々それぞれ様々な嗜好があり、それが価値観という言葉に置き換えられて、個々それぞれ認め合いながら共存してゆくという不思議な未来社会(?)になりつつある。ある意味でスモール・コミュニティー社会とでもいうべきか・・・・。
 果たしてそういう未来が確固たる社会になるかどうかは分からないが、1970〜1990年代、2000〜2010年代、2010年以降から現在を比べても、まるで<流行り廃り>(?)のように異なる倫理観・価値観が出没している。
 米大統領戦以来、フェイク・ニュースがグローバルには横行し、トレンド化している。マスコミやSNS等々の報道だけでは、客観的な事実(真実)は分からない。デジタル化が加速し、AIが進化する少子高齢化社会の行きつく先には、いい意味での成熟した社会(利他主義社会)が訪れているだろうか・・・・。 
posted by あうる at 11:13| Comment(0) | 事件

2018年03月21日

お彼岸日和。

 気温はさほど高くないが、暖かな春の日差しに誘われて、お彼岸の墓参りに行ってきた。昨年は雪深い中での墓探しから始まり、雪にすっぽり埋もれた墓標を掘り起こすこと小一時間。疲労困憊してしまった。
 その経験もあり、今年は念のためゴム長靴、スコップ大・小2本持参して、父母兄の眠る藻岩山の麓へ――。すでに踏み固められた通路もあり、昨年のようにズボズボと膝まで埋まることもなく、難なく墓までたどり着けた。ただし蝋燭立て、線香立て、花立ての周辺を覆った固めの雪を取り除くこと十数分。初春の青空初のもと、墓参りを終えた。
 帰りしな、人気のうどん店に寄る。開店まで10分ほど時間があったので、近くの伏見稲荷に参拝。お店に向かう歩道で、数メートル先にいる男性から名前を呼ばれる。帽子をかぶりマスクをしていたので全く、正体が分からず、「どなたでしたっけ?」と私。「・・・です。」と言う。マスクを取った顔を見て、吃驚! 20年ぶりの知人との再会でした。
 長いこと彼の消息が途絶えたままだったとはいえ、すぐに一昔前の話に。お互い年相応に老け、それぞれの事情を抱えながらも、近況を確認して5分ほどの立ち話は終わった。それにしても、よく私と気づいて声をかけてくれたものだと思う。ありがとうね!
 
 
posted by あうる at 16:43| Comment(0) | 出会い