2017年12月28日

今年もありがとうございました。

 昨日まで大荒れだった天候も今日の昼近くにはすっかり落ち着きを取り戻し、穏やかな仕事納めの一日となった。朝早くから二人の営業担当者と6社ほど訪問し、久しぶりに顔を合わせたお客様と会話を交わす。
 今日が御用納めの得意先も、以前のような年末の慌ただしさは感じない。道路状況が良好なこともあり、予想以上にスムースに進行する。40年近く年末の挨拶回りしているが、かつてほど業者と出会う回数は少ない。挨拶回りの慣習そのものが前時代的なのかもしれない。
 年末と新年の挨拶は2回も行くことはないという人もいる。多くの人が集まる新年交礼会で済ませれば合理的でよいという方もおられるが、携帯やメールが日常的になっている昨今こそ、顔を合わせて打ち合わせたり、ご挨拶することが大切ではないかと思う。所謂、「face to face」 ファーストである。
 目的は挨拶回りでも、実は車に同行する営業マンとのコミュニケーションの中から思いがけない副産物を得ることが多い。話を聞いているだけで面白い。今日最終日は、そんな時間を過ごさせてもらった。
 明日は総務部長と私は、通常出勤。神棚を整えたのち、銀行、北海道神宮等々を訪問し、社に戻る。13:00には帰途に就くことになりそうだ。この1年間お世話になった多くの皆様に、この場を借りて感謝の意をお伝えしたい。では、また来年もよろしくお願いいたします。
 
posted by あうる at 23:12| Comment(0) | 行事

2017年12月27日

希望をもって!

 一年を振り返るにはいささか早い気もするが、日々過酷な会合(?)も無事終了し、お会いするべき方々とお会いできたか・・・と自問するしてみると、やはり機会を逸した感もあり、若干の悔いは残る。
 とはいえ、今年も出会いに恵まれた一年だったことは、間違いない。かつてお世話になった諸先輩の中には故人になった方もおられるが、老いて益々お元気な方も少なくない。そんな方々とお会いしていると、不思議と力が湧いてくるから、ありがたい。
 12月は様々な会合があり、ほとんどが私より年上の会、同期の会、年下の会と順繰り巡ってきた。僅かひと月も経過していないのだけれど、いずれの会もこの時期だからこそ、格別な印象をもって心に刻まれる。
 明日28日は弊社の仕事納め、最終日となる。年末は毎年同じパターンを繰り返しているのだが、私の場合、必ずいつもと違うという思いが付きまとうのは何故だろうか・・・・。ある意味で否応なしに「来し方行く末」を考えてしまう年齢になったからであろうと思う。
 「さて、来年はどんな年になるか・・・・。」いや、そんな他人まかせな言い方はやめよう。やはり、自らの強い意志で前向きにゴールを目指す一年にしようと思う。そう、希望をもって。
posted by あうる at 17:55| Comment(0) | 来し方行く末

2017年12月24日

仕事納めまであと数日。

 忘年会シーズンも先週末をピークに、今週中には終焉を迎える。久しぶりに雪が少ないクリスマスを迎え、何故かジングルベルのメロディも街から聞こえてこない。私の住む地域には5店舗のショッピングモールががあり、どうやら子供たちのプレゼントは、それらの店で調達されているようである。巨大なショッピング・カートに積み上げられた玩具類は、街のデパートでは手に入らないのであろうか・・・・。
 その昔、街中のデパートで玩具屋さんを探し回ったが、見つけられなかったことがあった。子どもの欲しがる玩具の多くは、郊外の大型家電店やショッピング・モールでなければ、見つけられなくなった。
 そもそも小売店の商品アイテムがすっかり変わってしまった。特に最近の家具屋さんやドラックストアーの変貌ぶりは著しい。間もなく年末に向けての買い出しが始まるが、リーズナブルな商品を求めて、モノによっては店から店へ買い歩く消費者の方も多いのではないかと思う。
posted by あうる at 09:05| Comment(0) | 経済