2017年11月09日

現実と幻想の狭間で・・・。

 2年程前に制作会社の経営にピリオドを打ち、ご夫婦でゴルフにいそしんでいるSさん。仕事から離れた直後、大病を患ったが、今はすっかりお元気になり、つい最近までゴルフを楽しんだようだ。今年は私の腰の具合が芳しくないので、あまりお付き合いできなかった。
 それでも時折り昼食をご一緒させていただき、様々な視点から的確なアドバイスを受けた。本当にありがたい。私より4歳年上にもかかわらず、気楽にお話しさせていただいているのも、Sさんの人柄の良さによるところが大きい。
 40年近くこの業界に身を置き、私の年代の多くは右肩上がりの経済成長を謳歌してきた世代だ。道新で7回にわたり連載されていた拓銀破綻時の頭取だった方の特集を読むと、その時期に巡り合せた責任ある方々が、たまたま貧乏くじを引いたとか、運がいいとか悪いとか、そんな単純な問題ではない。
 原因と結果の法則から言えば、世間一般(従業員も含め)には盤石に見えた拓銀という巨大な組織そのものが、実は構造的に脆弱だったということであろう。その結果、当時の拓銀に狂乱した時代を修正する不思議な力(金融浄化)が期せずして(?)働いたのだろうと思う。
 あのバブルに浮かれていた時期でも、全くその恩恵を受けることもなく、淡々とかつ堅実に経営してきた会社も少なくない。80年代から90年代にかけての経済成長が庶民的な本当の意味での幸せをもたらしたかどうかは、30年経った今でもはなはだ疑問は残る。
 今日も株価は上がり、景気は高揚している風ではあるが、我々地方の中小企業の経営者は<現実と幻想>を正確に把握することが大事だと思うのだが・・・・。
posted by あうる at 21:39| Comment(0) | 経済