2017年09月01日

サッカー日本代表、W杯出場決定、おめでとう!

 試合前まであれほどまでジャーナリズムから酷評を浴びせられていたハリルホジッチ監督。終わってみれば快勝。しかも浅野拓磨や井手口陽介といった20代前半のプレーヤーを先発に抜擢。本田や香川の出番はなかった。
 結果がすべての勝負の世界では、なかなか冒険しがたいのが常ではあるが、監督の思い切った起用が功を奏し、過去の戦績で分が悪いオーストラリアに勝ち、ワールドカップ出場を勝ち取った。
 監督インタビュ―では、かつてないほどの喜びを露わにした。試合直後涙ぐんでいたことを思うと、よほどプレッシャーを感じていたのだろうと思う。
 試合前からハリルホジッチ監督の選手起用法や戦術等々、サッカージャーナリズムの批判は凄まじく、監督交代までの話が出るほどである。日本のジャーナリズムやファンの批判の声は、他の国に比べると穏やかなものであるが、ハリルホジッチ監督には結構厳しかった。
 いずれにしても結果を出したのだから、立派。あとは5日のアウェイのサウジ戦で有終の美を飾ってほしいい。
posted by あうる at 14:55| Comment(0) | スポーツ