2017年06月29日

簡易宿泊所の火災。

 北九州市小倉北区のアパート「中村荘」で6人が死亡した火災で、市消防局は9日、所有者から共同住宅としての届け出がなく、行政指導ができていなかったことを市議会常任委員会で明らかにした。一方で、中村荘は生活保護の申請者らが受給資格を得るまでの「つなぎ施設」として利用され、事実上の簡易宿泊所だったとの指摘もある。位置付けがあいまいなまま、火災を防ぐ対策から漏れていた可能性が強まった。 (中略)
 中村荘には、路上生活者の自立を長年支援している同市のNPO法人「抱樸(ほうぼく)」が運営する市自立支援センターを介した入居者もいた。法人担当者は「保護の決定には3週間から1カ月かかる。その間、野宿をさせるというわけにはいかない。中村荘のような形態は、自立に向けたつなぎの場所だ」と話す。生活保護を申請すれば市から1日千円の貸し付けを受けられ、「家賃が500円。残りの500円でご飯が食べられる」(担当者)という。(西日本新聞)
 2年前の5月、11人の死者を出した火災で全焼した川崎の簡易宿泊所「吉田屋」と「よしの」。簡易宿泊所の多くは、今後も宿泊者の高齢化と建物の老朽化は進み、火災に対する危険度は一層増してゆくという。小倉地区の中村荘で亡くなった方の中には、連帯保証の借金を返し続け、最近払い終わった方もおられたと聞く。様々な事情で身を隠し、簡易宿泊所を拠りどころとする方々にも、高齢化による悲劇が差し迫る。そういえば私が’70年代に住んでいた渋谷並木周辺にも簡易宿泊所があった。20数年前に全焼したと聞いた。
 ’60年代後半から’70年代にかけて岡林信康によって唄われた「山谷ブルース」。あれから50年経った今、時代の光と影がくっきりと浮かび上がってきているようだ。やはり東京オリンピック後の「落とし子」なのだろうか・・・・・。
posted by あうる at 14:10| Comment(0) | 来し方行く末

2017年06月27日

年を重ねるということは!?

 会社の近くにあるショッピング・モールに出かけることがたびたびある。給料日・年金支給直後の日やシルバー・サービスディと称するプライスダウンの日は、私と同じくらいか、それ以上の後期高齢者の方々を多くお見かけする。
 車椅子に乗る連れの方をいたわり支え合う相方、手を引き気遣いながらゆっくり歩いておられる老夫婦。勿論、ご高齢でありながらお元気なご夫婦もおられる。どのカップルも、時にはうらやましいくらい仲が良く感じるのは、見ていて嬉しくなる。
 2階のレストランはファーストフード店を含め、様々なお店で注文した品を一つのテーブルに同席して会食できる。たまに一人で昼食時に行くと、老若男女、家族連れが私の周りに席を持つ。車椅子の奥様をいたわりながら、お元気そうなご主人。その逆も然り。ほんわかしていいなぁ〜。
 いづれにしてもご夫婦で生活されていることは、会話の相手がいつもいるということだ。食事をしながら笑い声が聞こえると、何かホッとする。やっぱり年を重ねたご夫婦はいいもんだね!
posted by あうる at 10:33| Comment(0) | 来し方行く末

2017年06月25日

北海道久成会6月例会を終えて・・・・。

 北海道久成会の例会が昨日、サッポロファクトリーのビヤケラーで開催された。出席者は30名ほど。総レンガで覆われたアーチ形の会場はほぼ満員。早めに会場入りしたが、TV局の取材が入っており、少々驚いてしまった。どうやら7月4日に村橋久成翁の特番に絡めた数分間の取材とのこと。
 いずれにしても開道150年に因んで「北海道みらい事業」として北海道久成会が何かできないか・・・というのが、6月例会のテーマである。思いがけない久成会例会のTV取材ではあったが、そのことが喜ばしい機会であると思ったのは私だけではあるまい。
 懇親会にな派入り、恒例の木原直彦先生の乾杯の音頭は、いつもと趣向を変えて「村橋久成に乾杯!」と先生にご発声いただき、その直後に全員で声高らかに「乾杯!」。ご高齢の先輩が会の7割を占めるが、あらゆる面でエネルギッシュな方々が多い。
 ビールを飲み始めると、そもそも引き出しの数が多い諸先輩ばかりなので、例会のテーマである「北海道みらい事業」に関するアイデア、企画案がマイクを持った方々が、続々と提案された。
 さて、計画はどんな方向に進んでゆくのか・・・・。16:30から始まった懇親会が終了したのは、20:30を回っていた。
posted by あうる at 18:51| Comment(0) | 交友