2017年04月06日

出版文化の存続が・・・・。

 今朝の北海道新聞「出版不況 図書館のせい?」の見出しに吃驚!数年前、複本問題(図書館が同一のタイトルの本を複数購入する行為)が様々なフォーラムで話題になり、論じられてきました。複本はベストセラーの小説などが主な対象となります。人気作家の小説は、あっという間に100件、200件の予約が入ってしまいい、1冊だけの配架だと、途方も無い時間を待つことになるのがその理由の一つです。
 図書館の使命の一つに、あらゆる文化資源を国民に無償で提供することがあり、その点からいうと、図書館側の言い分は、充分その役割を果たしているという論理です。したがって民間である著者・取次・版元・書店と目的も利害も決して同じではありません。
 加えて最近は、流通コストの問題もあり、特により新しい情報を扱う週刊誌の陸送については、時間とコストの戦いです。部数減もあり、様々な流通チャネルに対応するには、送料の値上げも余儀なくされております。いづれそれらの流通コストのアップは、取次・版元・緒店が担わなければならない事態になりかねない状況になるかと思います。
 かつて有名文芸雑誌の社長だった方が、複本問題に触れ、図書館がベストセラ―本の貸本屋さんになってしまうと、「出版文化の灯は消える。」つまり後世に残すべき貴重な書籍が、出版文化を支えており、それらはコミックを含めた雑誌やベストセラー本の稼ぎの上に成り立っているとお話ししていた。更に図書館の重要な役割は、図書館でしか見られない貴重な書籍やや手に入りにく資料を購入し配架することで、「地域の知の拠点」としての大きな存在意義があるのではないか・・・・と。
 私ども電子図書館に電子書籍を供する仕事をさせていただいている立場から申し上げると、地元出版社の書籍の電子化は地域出版マーケットの底辺を広げる一助になっていると思っています。しかし大都市における複本問題は、買いこまれる数量も違いますので、実態を調査したうえで複本の制限を加える必要もあろうかと思うのですが・・・・。
posted by あうる at 10:18| Comment(0) | 印刷・出版