2016年09月28日

久しぶりの東京出張。

 久しぶりに東京へ出張。先日、全国的に話題になった「NHKスペシャル ―縮小ニッポンの衝撃― 」で衝撃的な東京の実態を知り、大都会の雑踏と喧騒の中にいても複雑な気持になる。2019年東京オリンピック以降は、若い労働人口が東京から流出し始めるという分析はなかなか説得力があり、少子高齢化による地方の過疎化、限界集落化ばかりでなく、大都市東京でも確実に人口減少が始まるというのだ。
 山手線駅近くの定宿のホテルは、8月に新館が出来上がった。欧米系の外国人観光客が8割を超え、さながら海外のホテルにでもいるようである。以前、よく見かけた中高年の出張客は、まったく見当たらない。週初めだからだろうか・・・・。20年近くこのホテルを定宿としているものとしては、ここ数年、ホテル代の値上がりも気になるが、日本人一般客へのサービス低下も心配だ。人手不足感は否めない。
 さて、飛行機は予想とは裏腹に行き帰り共に超満員。乗客の中にアジア系の観光客と60代以上のシルバーツアー客が目についた。海外からの観光客ばかりでなく、日本人の熟年夫婦の旅行客も、間違いなく増加しているようである。
posted by あうる at 17:41| Comment(0) | 来し方行く末

2016年09月26日

NHKスペシャル ―縮小ニッポンの衝撃―

 今年で百年近い国勢調査史上初めて日本の総人口が減少に転じたという。一極集中が進む東京でも、五輪開催の2020年に減少に転じると予測されている。私たちの行く手にはどんな未来が待ち受けているのか・・・・。
 全国津々浦々の地方で、いずれの日か、必ずやそうなるであろうと思われていた<少子高齢化>による集落の崩壊。気づいていても、行政(国・自治体)は財政上具体的対策を施行できなかいまま30年あまり経過した。この付けが今、地方ばかりでなく、大都市でも始まっているという。
 地方の市町村では、これまで通りの行政サービスを維持することができず、縮めていく動きが加速しており、東京23区でも人口減少が将来の財政破綻につながりかねないと対策に動く自治体も出てきた。番組の中で取り上げられていた350億円の借金で破たんした夕張と都内でも人口減少が激しい東京豊島区役所の最前線ルポが紹介されていた。
 全国からケーススタディの対象として夕張を訪れる地方自治体の関係者はみな深刻である。夕張の行政サービス停止(市営住宅の縮小整備、図書館の廃止、学校の統廃合、インフラ縮小整備、JR線の廃止等々)は、他の自治体にとっても対岸の火事では済まされないところまで来ている。 
 11万人から9千人に減少したかつて炭鉱で殷賑を極めた夕張の現状だ。人の減少は、子供たちの未来図を縮小し、破壊してしまう。国と地方自治体が本気になって知恵を出し、大胆な策を講じなければ、この国の未来は本当になくなる。そんなことを考えさせてくれる番組だった。

posted by あうる at 10:39| Comment(0) | 政治

2016年09月24日

北海道久成会・9月例会は盛会裏に!

 昨日23日の北海道久成会・9月例会には、鹿児島久成会のメンバー斎藤会長ほか8名にご出席いただいた。台風16号の影響もあり、来道が危ぶまれたが、前日22日に無事到着。サッポロビール博物館を見学されたあと、18時から久成のひ孫にあたる大山登規子さん、田中和夫氏をはじめ久成会の役員7名にご出席いただき、歓迎の会食会を行いました。
 11年前の久成像建立以来の方もおられ、懐かしさと時の流れの速さを改めて感じたひと時でした。会場となったサッポロビール園には、台風明けの肌寒い黄昏時にもも関わらず、多くの観光客であふれおりました。札幌の秋の始まりもやはりビールが似合っているのかもしれないっと思った次第です。
 翌日23日は久成像建立記念日です。11年前の9月23日、小雨降る中、知事公館前庭で除幕式がしめやかに行われました。出席者は、北海道知事になって間もない高橋はるみ知事、鹿児島県知事、市長、大山登規子さん、胸像製作者・中村晋也氏ほか150名を超える方々。
 その翌年から9月23日は久成像・清掃の日と決め、毎年欠かさず清掃を行い、夕方から例会を行ってきました。久成胸像期成会を結成し、建立場所を模索していたころの会長木原直彦氏、「残響」の作者田中和夫氏ほか当時の会員のほとんどは11年経過した今も意気軒高。
 清掃後の例会には、鹿島久成会の会員の皆さんが加わり、総勢48名の合同例会。11年前の熱く燃え滾った当時が蘇り、交流会は大いに盛り上がりました。そのあとは勿論、ススキノの巷へ。11年前と同じお店で楽しい2次会を過ごしました。鹿児島の皆さん、お疲れのところお付き合いいただき、ありがとうございました。
posted by あうる at 22:17| Comment(0) | 出会い