2019年10月19日

社長の雑記帳


posted by あうる at 19:01| Comment(0) | 来し方行く末

2019年10月18日

東京五輪マラソン・競歩開催地、変更!?

 水面下での動きは皆目分からないが、にわかにマラソン・競歩の会場が札幌に浮上し、IOCの意向だとすでに決定とのことである。「寝耳に水」とは、正ににこんなことを言うのか・・・・と思いつつも、IOC(バッハ会長)はかなり思い切った判断をしたものだ。
 つい最近のドーハ世界陸上の暑さ対策等々(男女マラソンは真夜中のスタート)を顕彰しても、女子マラソンは68人中、途中棄権は28人で完走率が60%を割ったのは大会初。昼やっていたら死人が出たのでは・・・・と言われている。
 男子50キロ競歩も完歩率は約61%。前回大会覇者、リオ五輪王者も含め、46人中18人が棄権。金メダルを取った鈴木選手ですら、東京五輪のコース変更を訴えたという。「地獄だった」と表現した選手もおり、五輪への懸念が深まっていた。
 数年前から暑さ対策については、かなり不安視されていたが、ドーハの世界陸上のマラソンと競歩が会場変更の引き金になったと思う。やはり選手の健康、安全性等々を考えると、可能な限り選手に負担のかからない場所と言うことで札幌が選定されたのだろう。
 市民としては大いに喜ばしいことだが、大会まで300日と言う厳しい日程で準備する側の段取りも大変だ。露骨に不快感を露わにした東京都知事の弁はともかく、やはり世界一流のアスリートたちの健康面を最優先課題として決定すべきであることは否めないであろう。
posted by あうる at 13:09| Comment(0) | スポーツ

2019年10月14日

台風と芸術の秋。

 緩やかな勾配の坂を上ったり、下ったり。足元には充分気を付けながら、久しぶりに秋空の好天のもと、40分ほど歩いてきました。我が小庭の草花のほとんどが枯れてしまった時期に、散歩がてら、人様の庭を眺めさせていただく。菊やダリヤ等々の花々を見ていると、台風情報で不安が多かったここ数日を思えば、いくらかほっとした気分にさせてくれます。
 公園では子供たちが家族ぐるみで楽しそうにテニスをしていたり、老夫婦二組がパークゴルフ楽しんでおられる。秋晴れの下、なかなか素晴らしい光景ですね。台風が日本列島を襲った3連休最後の休みは、家の周辺でゆっくりと過ごす家族も多いのではないでしょうか・・・・。
 それにしても北海道を除く日本列島を縦断した台風の傷跡は凄まじい。たまたま北海道上陸直前に太平洋方面に逸れたのが我々北海道人にとっては救いだったが、本州各地で被害に遭った多くの方々の現状をテレビ等々で知るにつけ、お気の毒でならない。できるだけ早めの復興を祈るばかりです。
 さて、10月は芸術の秋とばかりに、弊社では美術展・書道展等々、幾つかのイベントに関わらせていただいております。先週から弊社の担当者数人との展覧会関係者に来社いただき、夜遅くまで最終確認をされております。今日も休日の返上で印刷直前の最後の詰めを行っているようです。この場を借りて、関係者の皆様には心から感謝申し上げます。
 

posted by あうる at 12:17| Comment(0) | 災害