2016年08月26日

豪雨災害に思う。

 道内の台風被害が著しい。特に道央、オホーツク、道東方面では河川の氾濫、土砂崩れによる幹線道路陥没等々と、収穫間際の農家の皆さんにとって、大きな痛手となってる。ここ数年台風による被害は勿論、日本各地での豪雨災害は後を絶たない。都心ではゲリラ豪雨という現象が頻発している。
 やはり温暖化の影響なのであろうか・・・・。間違いなく世界的に気候の異変や地殻変動が進行しているようである。数日前にはイタリヤの農村やミャンマーで大きな地震が勃発している。北米で頻発するハリケーンの巨大化も温暖化によるものだと言われていある。
 さて、様々な不安を抱えていたリオ・オリンピックがひとまず終了した。間もなく9月8日からパラリンピックが始まる。ふたつのオリンピックが無事終了しない限り、リオ大会は大成功とは言えない。そのためにも警備の方々は今まで以上に気を抜かずやっていただきたいし、ボランティアの皆さんの協力は絶対欠かせない。いづれにしても事故も事件も災害もない感動に満ちたパラリンピックであることを心から願いたい。
posted by あうる at 14:28| Comment(0) | スポーツ

2016年08月23日

リオ・オリンピックは無事閉会!

 開催される直前まで様々な問題が取りざたされたリオ・オリンピック。厳しい財政状態の中、治安や安全への不安が払拭されないまま始まった南米初のオリンピックは、どうなるのだろうか・・・・の過度な心配をよそに、無事閉会した。決して完成された立派な競技会場ではなかったが、ブラジル人の陽気さとおもてなしが多くの人に快さを感じさせてくれたオりンピックだったと思う。
 とにかく大きな事故も事件もなく終了したこと自体、いまだに信じがたい。テレビから飛び込んでくるカラフルな色彩は、不安どころか見ている私たちの気持ちを明るくしてくれたと思う。
 加えて大会が始まる前にこれほどまで日本選手の活躍を予想した人はいただろうか・・・・。日本人の競技者たちや関係者たちは、当然メダル獲得を目標にしていたとは思うが、予想をはるかに超えた大逆転劇を何度も目の当たりにするたびに、感動・感激の涙の連続だった。日本人の多くは連日の眠られぬ夜を過ごしたことだろう。
 水泳、柔道、体操、レスリング等々に始まり、バトミントン、テニス、卓球と奇跡の大逆転。まるでアニメの世界みたいといった解説者もいたくらい、不可能を可能にした日本選手の不撓不屈の精神は、あっぱれだ!中でも男子400Mリレーは、次につなげるバトンワークと一人ひとりの素晴らしい走りは何十回見ても感動ものである。
 メダルが取れても取れなくても選手の多くが「次の東京につなげたい」とインタビューで語っていたのが、印象的だった。やはり日本を代表するアスリートたちの力は偉大だね。参加したすべてのアスリートの皆さん、本当に感動をありがとう!
 
posted by あうる at 22:12| Comment(0) | スポーツ

2016年08月20日

連日、感動をありがとう!

 連日のリオオリンピック観戦。開催日から今日で2週間ほど経った。最終日まであと2日だ。時差が12時間あり、日本では夜遅くからのライブが多く、見逃せない競技は深夜観戦となってしまう。
 8月に入ってからは蒸し暑い夜が続くことも多く、加えてリオオリンピックシンドローム(興奮と感激と寝不足)の影響で少々疲労困憊気味である。
 それでも日ごとに獲得するメダル数は、ついに過去最高だったロンドンオリンピックを超えた。逆転でのメダル獲得は何度見たことか・・・・。感動をいっぱいありがとう!
 圧巻はバドミントン女子ダブルスの決勝の高橋・松友ペアの第三セット。劣勢の16-19からの連続5ポイントで金メダル。男子卓球の団体戦での水谷選手の7-10からの逆転勝利、96年ぶりのメダル獲得をしたテニスの錦織選手の各上ナダルとの3位決定戦。何度見ても神がかりだった。
 残念だったのはバドミントン女子シングル。準々決勝で奥原×山口の日本人対決。高校時代から応援していた山口選手にも期待していただけに、もったいない組み合わせだった。いづれにしても奥原選手、女子シングルス初の銅メダルおめでとう!前人未到の4連覇・伊調選手、おめでとう!そしてレスリングの吉田選手、ごくろうさま!。
posted by あうる at 09:26| Comment(0) | スポーツ