2018年12月12日

それぞれの晩年−。

 胆振東部地震から3ヶ月ほど過ぎ、札幌市内で甚大な被害があった清田地区は、傾いだ住居の撤収作業が始まった。陥没した道路や壊れかけた家屋に降り積もった雪が痛々しさに拍車をかける。相当の戸数の住宅に被害が広がっているようだ、厳冬の季節に向け気の毒でならない。
 地震直後、東京にいたころの友人たちから矢継ぎ早に携帯に電話が入った。年賀状を見たら住所が同じなので気になって電話したとのこと。幸い枝番が違うところに居を構えていたので、大きな被害はなかったが、室内にところどころに多少のひび割れは出ている。震度5を超えたのだから致し方ない。
 東区にある社屋の工事は8割ほど終わり、ようやく落ち着きを取り戻したが、老朽化した社屋と地盤不良に加えて震度6弱は、脆弱な地盤の社屋には少々堪えた。いずれにしても今年も残すところあと20日余り、社員は皆全力で仕事に取り組んでくれている。ほんとうにありがたい。
 本州の学生時代の友人たちから電話があったときに、彼らの近況を聞いたところ、65歳を超えてから塾の教師や家庭教師をしている者が二人、麻雀協会の重鎮になっている者、雀荘・囲碁道場を経営している者、俳句の句会に入って活躍している二人等々、それぞれ退屈せず、負担なく気の向くままに活動している。いい身分だなぁ〜と思うが、現役で仕事をしている私も、厳しい風に吹かれながらも、何とかやっております。
posted by あうる at 10:34| Comment(0) | 交友

2018年12月06日

本の選択と読み方の違い!?

 本の選択・読み方については、人それぞれだと思うが、外国人と日本人の本の選択や読む動機や手法が、幼児期からかなり違いがあろことを知らされ、驚いたとの話を聞いたことがある。
 娯楽小説やSF等々のエンターテインメント性が高い読み物は別として、本の選択や読む動機や手法を特別教えられていない我々日本人にとって、一般的には自分が関心のある内容の本を選ぶ習慣があり、少なくとも学びたい内容が記載された書物を選択する傾向にあるという。
 その結果、読語感が自らの体験と合致していたり、著者の考えに共感が持てることで感動を得たりすることが多いのではないかと思う。
 海外の幼児教育者によると、「実は読み手が全く経験・体験がないことや思いもつかない着想や想像がつかない心理状態を本から学ぶことこそが大事なことだ。」というのだ。
 例えば、稀有な病気を患って苦しんでいる方の心境や近年世界中に存在する難民の方々のそこに至るまでのプロセスや心理状態等々を日常外側から見て推測の域を出ないことを本を通して彼らの深層心理を知る。そのことにより、視野を広げ、多角的な視点でモノを見たり考えたりするするようになるというのだ。
 恐らく幼児期からそういう指導を受けた子供とただ単にに本を与えられ、本好きになったの日本の子供たちとは青年期に至るまでにグローバルな視点で考える習慣、判断力等々に大きな違いがでくるのかもしれない。
posted by あうる at 12:00| Comment(0) | 書籍

2018年12月02日

事業承継息災!?

 知人が心筋梗塞で倒れたという話を聞きいたのは1週間前、すぐさま駆け付けたが、その後の経過がよく、今日再度見舞いに行ってきたところ、元気そうだったのでホッとしている。高齢ということもあるが、やはり日常の食生活に気を付けないといけないということだ。
 人生100年時代にでは70代は、まだまだ若い世代に違いないが、やはり自立した日常生活できて初めて、所謂、健康寿命を貫いていることであろう。そんなことを思いながら、私自身のことを考えると、「私は、健康です。」と決して自信をもって胸を張れない。
 一病息災どころか、延命息災、いやむしろ事業承継息災といったほうが良いのかもしれない。単なる延命がいいのかどうかは、それぞれの考え方だが・・・・。仕事に関わっている限り、周囲に迷惑をかけたくないというのが、多くの高齢化している経営者の本音であろうと思う。
 さて、もうひと頑張りするか!それにしても最近は、不思議とよく眠れる。
 
 
 
posted by あうる at 20:29| Comment(0) | 高齢者