2017年08月18日

「真実は何か?」

 盆休みが終わり、8月の後半戦が始まった。厳しい業界の状況を思うと一層の努力が問われる時期に来ている。決して消費動向が好転しているとは思えないが、7月の道内景況感は、全国平均を数ポイント上回っているという。全く実感のない現象であるが各業界の経営者アンケートの結果とはいえ、納得がいかない。
 確かに業界により、景気に良し悪しの感じ方は様々であることは理解できる。が、消費も設備投資も停滞していることは間違いない。人手不足感があらゆる業界で漂っているが、それを誘発している高齢化による生産性の低下は否めまい。AIやビックデータを声高に叫ぶ専門家が多いが、それも職種による是非はあろうかと思う。
 いずれにしてもあらゆる負の根源は、少子化による労働力不足と高齢化による消費の減退に尽きるのか・・・・。想像を超える長寿化と少子化の増大。かって世界のどの国も体験したことのない時代に日本が最初に踏み入れている現実。数十年前にデータ的に予想されていたことであるが、そのスピードははるかに超えている。
 同時に水面下で進行している「価値観の大きな変化」にも目を向けなければならないと思う。事実は一つであるといったマスメディアが報道の主流だった時代から、あたかも複数の事実が存在するかのように伝える多様なメディアが当たり前の時代へと移行。ジャーナリスティックに「真実は何か?」を問う価値観は特別重要ではなくなったのだろうか・・・・・。
 となるとモラルハザードを問われることもないメディアが横行してくる。果たしてそんなんでいいのかと、思いながらも、頻発するテロを社会現象的にとらえてゆくのは、やはりおかしな社会であろう。「もう一つの真実」など本来存在するはずがないのだと思うのだが・・・・。
posted by あうる at 22:30| Comment(0) | ニュース

2017年08月12日

盆休みが来ると思い出す。

 11日から始まった盆休み、弊社では初めての5連休。昨日からの雨は続き、気温も思いのほか低温である。家族でレジャーを計画していた方々には、生憎の天候となった。
 今日は父方の墓参りに行ったが、墓参者もいつになく少ない。藻岩山の麓にあるが、急こう配を上がりきるには足元が悪く、年々我々高齢者には、きつい。
 偶然、右隣の墓のご家族が墓参を終え引き上げるところだったが、ご家族をお見かけしたのは、40数年間来ているが初めてのことだった。過去、雨の中の墓参りはあまり記憶にない。そういえば春のお彼岸の時は、雪をかき分けスコップで墓を見つけ出してのお参りだった。
 今年はいつになく庭に咲き誇った白・黄・紅の3色のカサブランカとヒメユリを持参し、雨がそぼ降る簡素な墓を明るく盛り立ててくれた。物心ついたころからほとんど欠かしたことのないこの時期の墓参は、いろいろなことや様々な状景を思い巡らせてくれる。私にとっては、いまだにお盆休みとはいえ、個人的には墓参りそのものの季節なのだ。
 残念ながら明日もまた天気はすぐれない。母方の墓がある夕張に行こうと思う。今日と同じように庭に咲くカサブランカとヒメユリを持参して・・・・。夕張の墓は、山の中腹を越えさらに急こう配を昇りつめたところにあるため、その覚悟はできているが、かなり足腰に堪える。 
 思えば、古希を超えた母の記憶を頼りに、母方の墓に参じたのは、32年前だ。母は着物を着て草履を履き、休み、休みではあったが、今の私の年を思うと、よくあの急こう配を登り切ったものだと思う。




posted by あうる at 21:55| Comment(0) | 来し方行く末

2017年08月02日

明日から「すすきの祭り」

 八月に入り、北海道らしい比較的爽やかな夏が続いている。さすがに以前に比べ蒸し暑さはあるものの、これからお盆に向け夏を満喫させてくれる、そんな予感がする。
 昨日、金融関連のビール会があり、早い時間に終了したので、友人ご夫婦が経営するススキノの小さな居酒屋へ寄った。しばらくすると、台湾人の女性観光客5人が入ってきた。奥の席に座り、瓶ビール1本、焼き鳥5本とお通しだけで、しばし賑やかに歓談。彼女らはテーブルに置かれた焼き鳥や店内をスマホで撮影。20分ほどでお勘定を済ませて店を出た。
 最近、アジア系の人たちがドラックストアで爆買いする光景は、以前ほど見かけなくなった。その店にはたまにアジア系の旅行客が来るという。恐らく入り口の提灯が彼らの郷愁を誘うらしい。
 いずれにしてもアジアからのインバウンドによる消費は、歓楽街すすきのではさしたる効果はないようである。爆買いも一息つき、とは言え狸小路界隈は、依然として中国系の方々の会話はかしましい。
 明日からススキノでは「すすきの祭り」が始まる。ススキノ一円に広がる屋台村風な出店がメイン通りを埋め尽くす。インバウンドの方々が比較的立ち寄りやすいお店が出そろう。
 見どころは花魁に扮した女性たちがススキノを練り歩く「花魁道中」。お盆に向け、帰省客や国内外の観光客への景気づけになればと思うのだが・・・・。
posted by あうる at 10:49| Comment(0) | 娯楽