2020年01月27日

日本型雇用制度!?

 日本の労働生産性は、主要7か国で最も低いと言われている。戦後、永らく経済成長を促してきた終身雇用・年功賃金を前提とした新卒中心の日本型雇用制度がの招いた結果であろうと思われる。その雇用制度の在り方を見直される時期が来ているようだ。大企業が中心になってその改革を行おうとしている。
 グローバル社会になり、海外では国も企業もダイバーシティ推進に向かう中で、採用基準は日本だけが旧態依然の既得権重視の新卒採用が大前提とされてきた。新卒が有能とばかりに、一部のヘッドハンティングを除いて、’90年代までは中途採用がないがしろにされてきた気がしてならない。そのことが、「Japan As No1」と言われた70〜80年代の輝かしい時代を遠い過去のものとしてしまった。
 ’90年代に北海道高齢者問題研究協会という組織ができ、研究書を発行したことがある。このころから一部では少子高齢化の声が聞こえ始めたのだが・・・・。バブルに浮かれ、目前に迫っている最大の懸案事項である少子高齢化問題に目をつぶり、有効な対策を打たないまま、失われた20年を経て現在に至っている。
 平成の30年を経て令和の時代を迎え、ようやく「働き方改革」に向け国が動き出し、それに呼応するように「日本型雇用制度・慣行」を見直すとの大手企業の発言が報道されている。さて、新卒こそ優秀な人材を発掘できるという採用基準がスタンダードの日本企業において、新卒に拘らず多様な職種経験者を通年採用し、保身的環境で育った多くの既得権者が持つ保守的な意識の改革ができるのだろうか・・・・。はなはだ疑問を持たざるを得ない。
posted by あうる at 13:13| Comment(0) | 事件

2020年01月24日

社長の雑記帳


posted by あうる at 19:01| Comment(0) | 来し方行く末

2020年01月23日

ドカ雪はあるのか・・・・。

 窓の外は久しぶりの雪で20cmも積もっただろうか・・・・。昼近くには春先の日差しのような陽気となり、すっかり気温も上がり、雪も解け始めている。やはり今年は暖冬異変の予告通りの気候のようだ。昨年の12月から雪のないクリスマス、大晦日、正月と続き、さて、今後のドカ雪の予想はどうなっているのか・・・・、気になるところである。
 豪雪地帯に新潟ではいつもなら150pの積雪量が、今年は僅か15pとのこと。それにしてもこのところオーストラリアの森林火災をとっても、全世界的に超異常な天候である。人類の危機と言っても決して過言ではないだろう。
 吾が北広島では除雪するほどの雪が降らず、雪掻きが例年に比べ、極端に少なくなったことは、腰痛持ちの私としては大変嬉しいのですが、反面、ひと冬過ぎれば何処かで必ず帳尻が合うと降雪量に関しては、それなりに覚悟もできている。
 さて、1月も中盤を過ぎ、今週から各種新年交礼会が始まる。できるだけ飲食を減らして、体調維持を心掛けているつもりだが、なかなか上手くいかない。先日、弊社で出版された先生の出版パーティは、7名ほどの少人数だったが、和やかでウイットの効いた上品なパーティでした。
 
 
posted by あうる at 08:07| Comment(0) | 来し方行く末