2019年04月21日

車の運転に気を付けて・・・。

 数年前から高齢者の交通事故が報道で取り上げられるにつけ、その事故がお子さんや家族を巻き込んだ事故と聞くたびに心が痛い。来年古希を迎える我が身を考えると、決して他人事ではない。
 「ハンドルを握るたびに不安に駆られる。」と言った後期高齢者の方のお話を聞いたことがある。老夫婦二人住まいで、買い物等々の日常的所要で出かけるとなると、郊外の住宅街に住む方々にとって、車の運転は欠かせない。試しに車で10分少々を歩いてみると、30〜40分程かかることが分かる。荷物を抱えると更に辛い。
 公共交通の便もよく、病院・スーパー等の主要施設に歩いて通える処に住んでいる高齢者は、一部の限られた方々であろうと思う。40年以上前の’70代に札幌近郊にマイホームを建てた方々は、団塊の世代より上の世代だ。健康寿命(男性72歳・女性74)を考えると、よほどの健脚な高齢者でないと車に頼らざるを得ない。
 いずれにしても高齢者の事故を耳するにつけ、定期的なウォーキングや水泳等々の体力づくり、日常のストレッチの大切さを痛感している今日この頃であります。
 
posted by あうる at 11:48| Comment(0) | 高齢者

2019年04月14日

今年初めての春を満喫。

 今年初めての春を満喫。滅多に外食することはない我が家だが、突如、女房のほうから蕎麦を食べに行きたいとの要求があり、この時期の札幌には珍しい15℃を超えるうららかな春の陽気に誘われて、歩いて10分ほどの民家風一軒家に向かった。
 恐らくご夫婦二人でご商売をされている蕎麦店。里塚周辺では、知る人ぞ知る人気蕎麦店であろうと思う。車は店の前に4〜5台駐車可能で、入り口は一般家庭の玄関そのもの。室内は客席用に改装しており、収容スペースは20〜30人ほど。1年程前の入店記憶と外側から駐車場の込み具合を見ている限り、かなりの繁盛店であるのは間違いない。
 歩いて行ったので、昼からビールでのどを潤し、冷やしとろろ納豆蕎麦を太麺で注文。贅沢だなぁ〜。女房は細麺の狸蕎麦。二人とも久しぶりにかなりの満足感。本当に美味しかった。奥様風の方の親切な対応、心遣いが抜群。すっかり気分が良くなって、来た道を戻れば10分ほどで帰宅できるところ、逆方向に歩きだし、1時間半ほどの長散歩になってしまった。
 家にたどり着いたときは、さすがに足腰はガタガタ。それでも、美味しかった蕎麦の余韻はしばらく続いた。
posted by あうる at 11:23| Comment(0) | グルメ

2019年04月10日

「SDGs」について

 最近よく耳にする「SDGs」。Sustainable Development Goals(持続可能な開発目標)略称である。どうやら、「SDGs」は2015年9月の国連サミットで採択されたもので、国連加盟193か国が2016年〜2030年の15年間で達成するために掲げた目標なのだ。
「SDGs」が掲げる17の目標は、先進国、開発地上国を問わず、自国都合、自国ファーストでは到底成り立たないし、環境問題、生態系の管理や生物多様性の維持等々、それら17項目の目標達成は、とてつもなくハードルが高く、各国各人が地球規模で貢献して行く覚悟が必要であろう。
 全人類がSDGsを理解し、国を挙げて取り組めば、こんな素晴らしいことはない。未来の地球や子供たちのことを考えるいい機会だとは思う。が、2030年までにはあと11年しかない。
posted by あうる at 14:47| Comment(0) | 事件