2017年09月24日

時間は戻らない。

 豪栄道が本割、優勝決定戦と負けてしまった。相撲ファンとして「がっくり!」している。数日前の<戻ることができない一瞬>を思い起こしながら、悔しくて、悲しくて、泣きたくて「あの時、勝っていれば・・・・」と、ついつい時間を戻してほしいと思う。  
 相撲を見ながら「あの時という時が存在したなら・・・・」。そんな馬鹿なことを取り留めもなく考えてしまうこと自体、私自身かなり焼きが回っているのかもしれない。
 つまり麻雀でよく言われる「あの時振り込まなければ、トップだったのに・・・・」との慣用的なフレーズは、今現在を否定することになるという自明の事実。いまだかって過去と未来は、目の前に存在したことがないことを思えば、時間を止めることも過去を修正することもできないことは、当然のことなのだが・・・・。
 悔しさや悲しみは、時として怒りの感情に変わったりすることはよくあることだが、本当の意味でそのことを実感している人は、当事者なのであろうが・・・・、でも、やっぱし私は悔しいね。

posted by あうる at 18:43| Comment(0) | 来し方行く末

2017年09月16日

自問自答!?

 最近、様々な情報が私の中に飛び込んでくると、ついついその情報が引き金になって、自分を含め、私を取り巻く人たちの「来し方行く末」を思い巡らす。その結果、思い過ごしかもしれないが、それぞれの人がそれぞれの事情を抱え、思うようにならない日々を送っているとの思いを一層強くする。
 老化現象というには、少々自虐的過ぎるし、当然至極といえばそれまでだが・・・・。ゴールがぼんやりして見えない時と、明確に見え始めてきた時とでは、こうも見る視点が変わってくるものなのか・・・・と思ったりもする。
 かつての皮相に流れていた自分の視界を愚かしく思ったりするが、年相応に出会いと別れを繰り返しているうちに、そのプロセスの中で誰もが気づかされることなのかもしれない。と半ば自己肯定する。そうでもしなければ、私自身が前向きになれないからだろう。
 何か妙にまどろっこしい言い方になってしまったが、ひょっとしたら悔いの残らない選択など存在せず、時折自省的に「はたして自分にとって最も面倒で辛く思える選択をしてきたのだろうか・・・・」と自問自答することで、かろうじて納得の日々を送れているのかもしれない。
 
 
posted by あうる at 10:33| Comment(0) | 来し方行く末

2017年09月12日

言葉の力

 長年お会いしたいなぁ〜と思っていた方から、お電話をいただき、近々にお会いすることになった。まだ一度もお会いしたこともなく、勿論、お顔も拝見したこともない。ただ一度だけその方の書いた文章を読み、長らく心に残っていた。あれから13年も経過していたとは・・・・。
 最近はSNSという便利な情報伝達手段があり、いとも簡単に知り合いになったり、旧交を深めることも日常茶飯事にある。にもかかわらず、人と知り合うきっかけはアナログ的である方が「いい」と思うのは・・・・・決して私だけではないだろうと勝手に思っている
 よくあることだが、若いころ傾倒した作家の本を読んでいるうちに矢も楯もたまらず、その作家とお会いしたくなったり、何気なく読んだ一文の中に普段全く考えたこともなく、経験したこともない事象を発見したり・・・・。
 個々の個性や文章力にもよるが、生身に会って話を聞くよりも、文字・活字による言葉の力が、目に見えない大きな力をもって、その現実をより迫真に伝えてくることがある。「心に届く言葉」は、それを発する人の何かしら「心を伝える」愚直なまでに真摯な姿勢を感じずに入られない。
posted by あうる at 15:16| Comment(0) | 出会い